この記事は約4分で読めます。

 

こんにちは、FunLogyのカナです。
本日は【Eshare】というアプリについてご紹介します。

Eshareとは一言でいえば、スマートフォンのデータをプロジェクターにミラーリングしたり、スマートフォンをリモコンにしたりできる便利なアプリ。
特にリモコン機能はプロジェクターのリモコンがない場面や、アプリによってリモコンが使用できないといった場面で役に立ちます。

あまり認知度が高くないアプリなので、初めて聞く方も多いでしょう。
この記事ではそんなEshareについて、アプリの内容からインストールの方法、使い方など、一通りご紹介していきます。


Eshareとはどんなアプリ?

スマートフォン

まずはEshareがどんなアプリなのか、基本の情報を確認してみましょう。

Eshareは何ができるアプリなのか

Eshareについて、公式のページでは以下のように記載がされています。

“EShareは、ホームエンターテイメント、ビジネスプレゼンテーション、および教育訓練のためにユーザーエクスペリエンスを自然で楽しいものにするマルチスクリーンインタラクションアプリケーションです。”
――Google Play ストアより引用

少しイメージが難しいかもしれませんね。FunLogyではプロジェクターを対象にご案内するケースがほとんどなので、もう少し簡単に「EShareは写真や動画をプロジェクターと共有することができるミラーリングアプリです」と説明しています。

具体的な例を挙げると、

  • スマートフォンで撮影した写真を、プロジェクターで投影する
  • スマートフォンで録画した動画を、プロジェクターで投影する


このようなことができるアプリだとイメージしていただけると良いかと思います。

スマートフォンをリモコンにする


Eshareではさらに、便利な機能として「スマートフォンをリモコン化する」という機能があります。これを使用するとアプリ画面にリモコンのボタンを表示して、スマートフォンでプロジェクターの簡単な操作ができるようになります。

  • 外出先にプロジェクターを持っていったが、リモコンを忘れてしまった。
  • リモコンをなくしてしまった。
  • リモコンの電池が切れてしまった。


このような場合に便利な他、一部の有料動画アプリはプロジェクターのリモコンで操作ができない場合があり、そんなときにもEshareがあると使いやすくなります。

Eshareでできないことは何?


Eshareは便利なアプリですが、プロジェクターと組み合わせて使う場合、その使い方は限定的です。次のようなことはできないのでご注意ください。

有料動画やYouTubeなど、スマートフォンに入っていない動画のミラーリング


Eshareによってミラーリングできるのは、あくまでスマートフォンの内部に入っている画像や映像のみです。有料、無料にかかわらず、ネット上の動画は基本的に再生ができません。

ネット上の動画のミラーリング方法については、こちらの記事がお役に立つかと思います。
スマートフォンとプロジェクターのミラーリングについて、Android端末 / iPhoneの場合とそれぞれに分けてご紹介していますので、よろしければ参考にしてください。

Androidスマートフォンの映像をプロジェクターで大画面に

 

iPhoneの映像をプロジェクターで大画面に



一点、ややこしいのですが、Eshareではミラーリングができない動画アプリでも、スマートフォンをリモコンとして使用することはできます。

【例】
×:スマートフォンで観ているNetflixの動画を、Eshareを使ってプロジェクターで投影する。
〇:プロジェクターを直接Wi-Fi接続して、Netflixの動画を鑑賞する。その際、Eshareを使ってスマートフォンをリモコン化させ、再生・停止などの操作をする。


Eshareアプリの使い方-ダウンロードとインストール


それでは、実際にEshareアプリを使ってみましょう。
ここからは動画を交えてご紹介します。外出中の方は音量にご注意ください。

Eshareアプリをダウンロードする

動画の前半がダウンロードとインストールについてです。動画を再生できない方向けに、同じ内容を文字でも記載します。
2通りの方法があるので、お好きなほうでダウンロードとインストールをしてください。

方法1.ストアでアプリを検索する

Google playストア、Appleストアで「Eshare」と検索し、インストールします。

方法2.プロジェクターに表示されるQRコードを読み込む


プロジェクターのホーム画面で「画面共有」>「Eshare」を選択し、Eshare起動画面の一番下に表示されるQRコードを読み込んで、インストールします。


Eshareアプリの使い方-ミラーリング


Eshareアプリを使って、スマートフォンの中の動画や写真を無線ミラーリングします。
動画はAndroid端末を使用していますが、iPhoneの場合も手順は同じです。

Eshareアプリでスマートフォンとプロジェクターを無線ミラーリングする

動画の後半がミラーリングについてです。動画を再生できない方向けに、同じ内容を文字でも記載します。

ミラーリングの手順

1.プロジェクターとスマートフォンを同一のWi-Fiに接続します。
2.プロジェクターのホーム画面から「画面共有」>「Eshare」を選択して立ち上げ、下部に表示されたプロジェクター名を確認します。(こちらは本体個別の番号になっています。)
3.プロジェクター側のEshareを起動したまま、スマートフォン側でもEShareアプリを立ち上げます。
4.「Device List」より、2で確認したプロジェクター名を選んでタップします。
5.最後に「Mirroring」をタップすると、スマートフォンの画面がプロジェクターから投影されます。

以上でミラーリングが完了します。


Eshareアプリの使い方-リモコン


Eshareアプリを使って、スマートフォンをプロジェクターのリモコン代わりにします。
実際のリモコン画面がこちらです。

Eshareアプリによってリモコン画面を表示されたスマートフォン

Android端末とiPhoneで手順が違いますので、それぞれにご紹介します。

Android端末の場合


1.プロジェクターとAndroid端末を同一のWi-Fiに接続します。
2.プロジェクターのEShareを立ち上げます。
3.Android端末のEShareを立ち上げ、画面下部の「Mirroring」をタップします。
4.【EShareで、画面に表示されているコンテンツのキャプチャを開始します】と表示されたら、今すぐ開始をタップします。
5.プロジェクターにAndroid端末の画面が投影されますので、Android端末側で、再度Eshareアプリを開き、画面下部の「Remote」をタップします。
6.「TOUCH」がタップできる状態になったらタップして、文字が青くなった状態でマウスのカーソルを操作します。
7.Android端末側の下部に出ている家のマークをタップすると、プロジェクターのホーム画面が投影できます。
8.下にスクロールする際は、上向きに指を動かします。

また、TOUCHモードの画面左上の「CLOSE」をタップして、画面下部の「TV Mirror」を選択すると、Android端末側にプロジェクターの投影画面が表示されます。
こちらのモードで直感的に操作することも可能です。

iPhoneの場合


1.プロジェクターとiPhoneを同一のWi-Fiに接続します。
2.プロジェクターのEShareを立ち上げます。
3.iPhoneのEShareを立ち上げ、しばらく待ちます。画面にEShare-○○と表示されたら、タップして接続します。接続後、出てきた画面の「Remote」をタップします。
4.「TOUCH」がタップできる状態になったらタップして、文字が赤くなった状態でマウスのカーソルを操作します。
5.iPhone側の下部に出ている家のマークをタップすると、プロジェクターのホーム画面が投影できます。
6.下にスクロールする際は、上向きに指を動かします。

また、TOUCHモードの画面左上の「<」をタップして、「TV Mirror」を選択すると、iPhone側にプロジェクターの投影画面が表示されます。
こちらのモードで直感的に操作することも可能です。

プロジェクターはUSBマウスでの操作もおすすめ


プロジェクターのリモコンが使いにくかったり、アプリによって使用できないときには、Eshareアプリの他にUSBマウスでの操作もおすすめです。
USB端子のあるプロジェクターであれば、マウスのレシーバーを接続してパソコンのような感覚で操作することができます。

USBマウスをプロジェクターと接続して画面を操作

Eshareアプリのインストールが難しい場合や、Eshareを使うほどではないけれどリモコンが使いにくいという場合は、ぜひこちらの方法を試してみてください。


Eshareアプリを使ってプロジェクターをもっと活用しよう



いかがでしょうか。まとめるとEshareアプリは、

  • スマートフォンとプロジェクターを無線ミラーリングできるアプリである。
  • ミラーリングできるのは、基本的にスマートフォンの中にあるデータだけ。
  • スマートフォンをプロジェクターのリモコンにすることができる。


以上のようなアプリだということがお分かりいただけたかと思います。
プロジェクターのリモコンをなくしてしまったときなどは、ぜひEshareアプリの存在を思い出して、試してみてくださいね。

次回もどうぞよろしくお願いいたします。


FunLogy
カナ

コメントはショップにて承認後、公開されます。