プレゼンを行う女性

こんにちは。プロジェクター・スピーカー専門店FunLogyucchiiiです。

 

客先でのプレゼンテーション、社内での会議、サイネージのような広告表示等、お仕事でプロジェクターを活用したいと思っていらっしゃる方は多いと思います。ですが、プロジェクターを調べてみるといろいろな種類があり、どれが自分の用途に合うのか全く分からないとお悩みの方が殆どだと思います。DLP、短焦点、高輝度、ルーメンetc.独特の単語も飛び交い益々分からない。

悩みつつ買ってはみたものの、用途に合わないものを買ってしまって、こんなはずではなかった、結構高かったのに、とならないようにするにはどうしたらよいでしょうか。

 

そこで、プロジェクター・スピーカー専門店FunLogyが、専門店のプロが選ぶ、シーン別におすすめのビジネス向けプロジェクターをご紹介いたします。以下、ご参考にしていただければ幸いです。

 

ケース1.会議室で使うなら?

ビジネス利用シーンでまず一番に思い浮かぶのが、会議やプレゼンテーション等、社内の会議室で資料を投影することではないでしょうか。

※ここでのご案内は会議室なので、窓のブラインドカーテンや電気を消すことで室内を暗くできることを想定に入れます。

 

5~10人くらいの会議室なら?

10人程度入る会議室

チームでのミーティング、来客での打ち合わせ等、510人程度が入る会議室でのご使用でしたら、「FUNHD」をおすすめします。

表示解像度がフルHD1,920×1,080)ですので、Excelで作った表の細かい数字や、PowerPointの文字等もはっきりと見えます。

プロジェクター本体の重さも2.4kgと比較的軽量なので、普段は事務所のロッカーに保管しておいて、使う際に会議室へ持ち運ぶ運用も簡単に行えるのではないでしょうか。

 

プロジェクター FUNHD

10~20人くらいの会議室なら?

プレゼンテーションを行っている女性

次は、少し参加人数が増えて部門会議やちょっとした説明会等、10~20人程度が入る会議室でのご使用でしたら、「FUNTASTIC」をおすすめします。

大人数が見るのには大きな画面が必要になると思います。でも設置する場所が無い、という場合は超短焦点型プロジェクターの方が設置しやすくおすすめです。

FUNTASTICなら表示解像度がフルHDなので、Excelの細かい経営資料の数字や、PowerPointで作成したハンズオン資料等もはっきりと見えます。

超短焦点プロジェクター FUNTASTIC

 

ケース2. 展示会などで使うなら?

次に来場者の目に留まる派手なビジュアル・演出等が重要な要素を占める展示会等、大きな会場でのブース展示を想定してみましょう。投影場所の大きさ、投影環境の明るさ等でいくつかのケースに分けご案内いたします。

 

狭いブースなら?

1コマ程度の大きさのブース、ブース内個別展示等3040インチ程度の投影でのご使用でしたら、「X-03」をおすすめします。

 X-03は、バッテリー内蔵かつコンパクトなので持ち運びが簡単にできます。また、三脚を使えば角度の調整も簡単なので、映す場所を選びません。商談ブースで個別で説明する場合の投影といった使い方も出来るでしょう。受付で今開催しているステージの実況をお見せするのにも向いていますね。

いいことずくめのX-03ですが、投影環境が明るいとはっきり投影できないので注意が必要になります。

90°可動小型プロジェクター X-03

 

広いブース、明るい会場なら?

大会場での講演会の様子

広いブース、明るい会場で大きく投影したい場合の使用は「FUNTASTIC Pro」をおすすめします。

FUNTASTIC Proは、投影サイズが最大300インチまで対応可能です。解像度がフルHDかつ5500ANSIルーメンなので明るい環境でもはっきり映すことが可能です。

展示会場で大勢の人に同時に見てもらう、広告的に通行人に観てもらうなどにも有効な製品となります。

超短焦点プロジェクター FUNTASTIC Pro

超短焦点プロジェクター FUNTASTIC Pro

 

ケース3.営業先で使うなら?

ビジネスバックを持った男性

客先で出席者全員の前に分厚い資料を一部ずつ配って回ったり、お客様に資料のページめくりをしてもらったり。もしかするとお客様にご迷惑をお掛しているかもしれません。

こんな時こそプロジェクターの出番です。

 

お客様へのプレゼンテーションで使うなら?

客先に大きな荷物を抱えてご訪問は、大変だと思います。持ち物をコンパクトにしたい場合のご使用でしたら「FN-03」をおすすめします。

FN-03は、スーツの内ポケットにも入るコンパクトサイズです。バッテリー内蔵で最大2時間30分連続使用可能なので、現地でコンセントを探したり、お借りしたりする必要も無くなることでしょう。

入力はUSBmicroSDHDMIケーブルに対応しています。動画や写真の投影でしたらUSBメモリや、microSDがあればパソコンは必要ございません。

さらにモバイルバッテリーとしても使えますので、スマートフォンのバッテリーが切れそうな時にもう一本だけどうしても電話したい!といった場合にも安心です。

超小型プロジェクター FN-03

 

ケース4. 学校で使うなら?

学校の授業と言えばOHPを使ってスライドで、なんて言ってしまうと年がばれそうですが、ずいぶん前から先生が授業でパソコンを使い、子供たちもPowerPointを使って課題を発表する、と教育現場も様変わりしています。そんな今時の教室にもピッタリのプロジェクターがございます。

 

教室で使うなら?

黒板にスクリーンを貼っている教室

教室で授業に使う場合の使用でしたら、「FANTASTIC Air」をおすすめします。

超短焦点なのでプロジェクターを教室の真ん中で生徒の机と机の間に置く必要がありません。スクリーンの目の前においても大画面で映すことが可能です。そのため、生徒が隣にあるプロジェクターの光源をのぞき込んだりする危険が少なくなります。2.7kgと大画面なのに軽量なので持ち運びも簡単です。

ただし、部屋はある程度暗くする必要がありますので、ご使用の際は教室内の電気と窓のカーテンを閉めるようお願いいたします。

超短焦点プロジェクター FUNTASTIC Air

 

ケース5. 在宅ワークで使うなら?

会社から持ち帰ったのはノートPCでした。会社ではデスクトップPCもしくは外付けのディスプレイの大きな画面で使用しているから問題なかったが、ノートPCの画面では小さすぎてリモート会議中、相手の表情がよくわからない、共有された資料の文字が小さすぎて読めなかった、業務ソフト使うときにスクロールが大変。そんな苦い思い出ありませんか?そんな時にもプロジェクターは大活躍します。

 

リモート会議で使うなら?

PCを使用してのリモート会議

手軽に大画面。使わないときには小さく片付けておけるのがプロジェクター。こんなシーンでは「FUNPLAY2」をおすすめします。

FUNPLAY2は、パソコンとHDMIケーブル1本で簡単に接続できます。台形補正も自動で行うことが出来ます。

細かい資料は読みにくいかもしれませんが、相手の表情を確認するには十分な性能です。

お休みの日は、大画面で映画鑑賞も出来るようになります。

小型プロジェクター FUNPLAY2

 

PCをデュアルディスプレイで使うなら

最近では、会社で仕事をする際にデュアルディスプレイの広々とした画面で作業していらっしゃる方もいると思います。在宅ワークでの2画面目はプロジェクターで画面を拡張するのはいかがでしょうか。その中でも「FN-02」をおすすめします。

在宅ワークで一番困ること。それは会社と同じ様に作業スペースを確保出来ないこと。それであればプロジェクターを使って壁に映してみるのはいかがでしょうか。

FN-02であれば、投影画面も10インチから可能ですので、ちょうどよいサイズにすることが可能です。

また本体自体も縦横ともに10㎝もないサイズなので、設置スペースに困ることもないと思います。

超小型プロジェクター FN-02

 

 

プロジェクターはビジネスで大活躍できる

プロジェクターはホームシアターのような趣味の物?そんなことはありません。参加者全員で同じ資料を見ながら、手を加えながら会議を進めていく。紙では伝わりにくかった思いが、大画面の迫力でお客様の心に届く。プロジェクターはビジネスシーンでこそ大活躍できるのです!

 

FunLogyについて

プロジェクター・スピーカー専門店Funlogyは、これからも皆さまのお役に立つ情報を発信してまいります。

弊社ホームページはこちら→https://funlogy.jp/

 

プロジェクターについて