この記事はIT / テック / ガジェット系フリーライター 小暮ひさのり さんに、FunLogy Portableを体験していただいたレビュー記事です。

―――――

理由を作って出かけたくなる。

恋愛を語るときに、こういった表現が使われますよね。目的なんてどうでもよくて、出かける事。一緒に居ることで、得られるワクワク・ドキドキがメインの楽しみ。そういう意味では、この体験は、恋愛のそれにも似ているのかもしれません。

そんなFunLogyのポータブルスピーカー「FunLogy Portable」のレビューです。

FunLogy Portableを手に持つ小暮

 

気軽に持ち運べるカジュアルさでいい音が鳴る


片手で持てるサイズのBluetooth 5.0対応のポータブルスピーカーで、重量はスペック値で460g。このコンパクトさながらバッテリーも内蔵されていて、再生時間は50%のボリューム時で約12時間と、かなりのスタミナを誇ります。

実際の利用シーンに当てはめると、12時間ずーっと鳴らしっぱなしということはないので、ちゃんと充電しておけば、外出時にバッテリー切れを起こすことはありませんでした。

FunLogy Portableでスマートフォンの音楽を再生

肝心のサウンドですが、サイズと値段を考えると、想像以上にいい音がします。

スマホのスピーカーと比べると……いや、やめましょう。スマホのスピーカーと比べる事自体がナンセンス。迫力が段違いです。

傾向としてはフラットで、素直な音を出してくれる印象ですが、低音をしっかりと響かせていて、Bassが気持ちよく身体の中に入り込んできますね。屋外利用も考えるとかなり良いチューニング。音楽にしても、動画にしても、1ランク上の臨場感を楽しめて、5,000円以下のスピーカーなのに、やるなぁ!という印象を受けました。


防水、それは「どこでもいい音を楽しめる」ってこと

シンクの傍に置かれたFunLogy Portable

防水性能(IPX7)があり、端子部もしっかりとゴム式パッキンで塞がれているので、水はねが気になる場所などでも使えるのもGood。 近年、スマホは軒並み防水対応になっているので、スピーカーも防水の方が使いやすいに決まっています。

我が家の場合は、家事をしながらや、子供を庭で遊ばせるシーンで大活躍。

音量を上げられる&低音が出るので、水音や騒ぐ子どもたちの声に負けずに、しっかりと音を届けてくれます。そして、濡れた指や汚れた手のままでも操作できるのが、控えめに言って最高です。

屋外で椅子に載せられたFunLogy Portable
この水への強さは、使えるシーンの多さと同義です。

庭でBBQした時はドリンクがかかってしまったこともありましたし、地面に置けばホコリやゴミも付着します。しかしそんな時でも「別に最後に水で洗えば良いか」と、やや雑に……。と言ったら語弊がありますが、あまり神経質にならずに使えるのです。


有線接続でPC用スピーカーや、2台ペアリングでの迫力アップも

有線でPCに接続されたFunLogy Portable
アウトドアシーンだけでなく、普段使いできるってのも評価ポイントです。

AUX端子が備わっていてケーブルも付属するので、ノートPCの貧弱なサウンドを補うためのPCスピーカーとしても活躍します。

自己主張しないサイズ感で、ちゃんと迫力あるサウンドを出してくれるので、最近のテレワーク環境とも相性の良いスピーカーかもしれませんね。また、普段から有線環境で充電しながら使っておけば、外出時前に急いで充電する必要もありません。
2台のFunLogy Portable
2台の「FunLogy Portable」を揃えるとさらに楽しくなります。

スピーカー同士をペアリングする「TWS」機能により迫力倍増! 2台がちゃんとLとRに分かるので、ステレオ感もアップしますよ。音量を出せるイベントやホームパーティーで使ったり、じっくりといい音が聞きたいときにオススメな使い方ですね。


室内も屋外も。音楽がそばにある生活を楽しめる

屋外に置かれた2台のFunLogy Portable
こうして、室内でも楽しめて、屋外だともっと楽しい。ポータブルスピーカー「FunLogy Portable」。

ロケーションに左右されず、サウンド体験を1ランク拡張できるってのは、やはり防水スピーカーならではのメリットです。おかげで、仕事をしながら、家事をしながら、屋外レジャーのお供にも。「スピーカーを持っていきたい!」と思えるシーンや場所が増えました。

当然、野外ではマナーを守った音量調節も必要です。しかし、意識しないと届かないレベルのボリュームでも、空間にいい音が響くだけで、なんだかそこが特別な場所に感じるのです。この体験を得たいがために、わざわざ週末の出かけ先を探してしまうくらいに、すっかりヤられてしまっています。

それこそ目的地なんてどこでもいいのです。

音楽と共にあるワクワク・ドキドキを。4,980円の「FunLogy Portable」で。
ポータブルスピーカー FunLogy Portable


小暮ひさのり

―――――――

▼FunLogy製品に関するレビューをもっと見る場合は、こちらから
FunLogy製品のレビュー動画・記事をご紹介します

コメントはショップにて承認後、公開されます。