この記事は約3分で読めます。


こんにちは、FunLogyです。今回から、普段はあまりブログに登場することのないスタッフが、FunLogyでの仕事や日常のことなどを不定期に綴らせていただくことになりました。


一口に「FunLogy」といっても、その中にはたくさんのスタッフがいます。
これを読んで、皆様にFunLogyを少しでも身近に感じていただけたら嬉しいです。


さて、初回のライターはカスタマーサポートチームの野田です。
お問い合わせ受付をメイン業務とする彼女とは、もしかしたらお話しされたことのある方もいらっしゃるかもしれませんね。

今回のライター:野田(カスタマーサポート)

 カスタマーサポート 野田1

 

こんにちは!FunLogyの野田と申します。
社内では、野田ちゃんと呼ばれることが多いです。
ぜひお気軽に野田ちゃんと呼んでください。


私はカスタマーサポート(以下略称:CS)チームへ所属しています。
チーム内の人数は私を含めて5人。
人数が少ない分、みんなでサポートしあって仲良くお仕事をしています。


メインのお仕事はメール・チャット・電話など、日々お客様から届くお問い合わせに対応させていただくことです。

頑張りの源は「ありがとう」

 カスタマーサポート 野田2

 

常に考えていることは、
「どうしたら一人ひとりのお客様に、良い思い出となるようなサポートをお届けすることができるか?」
ということです。


私自身、元々人と接することが好きなこともあり、CSをするからには、お客様の要望に可能な限り寄り添いたい。できる限り満足して、喜んでもらいたいと思っています。
中にはどうしても私だけの力では及ばずご要望に沿えない場合もあるのですが、多くのお客様から対応完了後に「ありがとう」と仰っていただけます。


この一言がすごく嬉しくて、次の対応も頑張ろうという気持ちになれます!
ですので、私がCSとして頑張れていることもお問い合わせいただいたお客様のおかげなのです。
「ありがとう」という言葉は本当に人の気持ちをポカポカさせる、魔法の言葉だと思っています。

いつも大切にしていること

 

お問い合わせ対応をしている中で一番大切にしていることは、
「良い意味で、お客様と仲が良いお友達のような関係になる」
ということです。


私自身の定義となってしまうのですが、仲が良い友達って、何か気になったことがあったときに、すぐに電話なりチャットなりで連絡ができます。
そんなふうに私が、ひいてはFunLogyが、お客様にとって気軽に話せる存在になったら素敵だなと思います。


なので、FunLogy製品で気になったことがあったときは、ちょっとしたことでもいいんです。気軽にお問い合わせいただければと思っています。
営業時間内での対応になりますが、可能な限りお客様のご要望に沿えるように、私も他のCSメンバーたちも努めてまいります。

 

カスタマーサポート 野田3

また、疑問や質問だけではなく、こんな点が良かった!ここが気になったなどのご意見もぜひお聞かせいただきたいです。
CSチームから品質チームへ、いただいたご意見を報告させていただきます。


実際にお客様からいただいたご意見で、製品が改善された例もあるんですよ!
例えば、大きく変わったのは、FunLogy SOUND2ですね。


このスピーカーは無音のとき、仕様で「サー」っというホワイトノイズが鳴っていたのですが、お客様からのご意見により、今ではまったく音がしないように。皆様のお声を聞いた製造元のエンジニアの心に火がつき、ずっと難しいと思われていたホワイトノイズの解消に成功したのです!
お客様の声って、本当に大事だと改めて実感しました。


いただいたご意見をすべて反映することはできないかもしれません。お時間をいただくものもあるかもしれません。
ですが、皆様からいただいたお声は、すべて大切に扱わせていただいています。


他にも色々と改善された製品はあるのですが、それはまた別のチームからも紹介があると思いますので、本日はこの辺りで。
次回もどうぞよろしくお願いします!


FunLogy
野田

 

コメントはショップにて承認後、公開されます。