キャンプではモバイルプロジェクターが活躍

キャンプではモバイルプロジェクターが活躍

 

こんにちは!プロジェクター専門店FunLogy 木村です。

 

週末を利用してキャンプに行ってきました。春から秋にかけての気候のいい時期はテントの外で過ごすことの方が多いのですが、やはり冬のキャンプはとても寒いです><

焚き火を楽しんでいたのですが、あまりの寒さにテントの中に早々に避難しました。これまではタブレットを持っていき、映画を楽しんでいたのですが、画面が小さいのが不満…

しかし、軽キャンパーの我が家は荷物をこれ以上増やすわけにはいきません。

 

現在はモバイル型のプロジェクターの種類も増えていますよね。モバイルプロジェクターの小ささには本当に驚かされます。今回は当社のモバイルプロジェクターS12をご紹介します。

 

我が家がS12と一緒に持っていくのはモバイルバッテリーとUSBメモリです。

電源付きサイトがあれば電源が使えるのですが、電源のないサイトも多いですよね。フル充電にしていても映画1本がギリギリ見られるかなといったところ。そんなときにモバイルバッテリーがあれば給電しながら視聴ができます。くれぐれも充電ケーブルを忘れずに!!

USBメモリは映画のダウンロードデータを保存していきます。自宅のWi-Fi環境下でダウンロードしておけば、オフラインでも視聴可能ですし、S12の内部メモリを圧迫することもありません。

また、白系のテントであればテントの幕にそのまま投影することも可能かもしれませんが、あいにく我が家のテントはネイビー。投影してみましたが、ちょっと見にくいです…

今はモバイルプロジェクター用の小さいバインダー型のスクリーンもありますので、そういったスクリーンを持って行った方が、しわなども気にならないかもしれませんね。

 

是非、キャンプでも映画を楽しんでくださいね。

プロジェクターの使い方