我が家のホームシアター

スタッフのKakuです。

 

私は小学生の頃から怪獣映画やSFXのような映画がとても好きでした。

その中でもスターウォーズシリーズは私のホームシアターライフには無くてはならない映画です。(今年最後のエピソードが上映されますがまだ続いて欲しいです。)

スターウォーズ最初のエピソードは私が中学生の時でした。

当時田舎に住んでいましたので映画館のある街まで電車で1時間かけて行っていました。

この映画を見た時の衝撃は今でも鮮明に覚えています。

今までにない壮大な宇宙と宇宙船の視覚効果と右から左から、前から後ろからと飛び交うサラウンド音響には大変驚いたものでした。

 

ここから私は将来必ず『自宅の中に映画館を作る』という当時では途方もない夢を抱いた少年になりました。

中学,高校と時間があると映画館に足を運びスピーカーの配置や映写機の設備などを観察していました。

 

時が流れ社会人となってからも映画館の夢は忘れることなく

当時の価格で100万円位する3管式プロジェクターを夢見ていました。

しかしながらそのような高価なプロジェクターは当時の私の給料では手に入れることもできず本当に夢の夢という感じでした。

 

そこから数年の時が経ちついに液晶プロジェクターが発売されました。

私はすぐに液晶プロジェクターを手に入れました。

しかしながら当時の製品はパネル解像度も640x480で接続する映像機器もVHSのビデオでしたので、とても満足のいくものではありませんでした。

 

新しい製品が出る度にプロジェクターを入れ替えていましたが、技術の向上と再生機のレベルアップでプロジェクターはフルハイビジョン スクリーンは126インチ(オーダースクリーン) 再生機はブルーレイ 音響機器は7.1chデジタルサラウンドのホームシアターを構築することができました。

 

映画館での映画鑑賞も捨てがたいものはあります。最高の設備と映画館ならではの雰囲気そしてポップコーンにコーラ でも映画に集中できない時ってありますよね?

隣の方が気になったり、前の方の頭で画面が見えなかったり・・・

 

 

ホームシアターならそのような邪魔が入らないんです。

ゆっくり寛いで映画鑑賞に浸ることができるんです。

 

半年待てば最新映画もブルーレイで発売されるので本当に良い時代です。

夢はまだまだ尽きません。今後は4K.8K サラウンドのグレードアップなど本当に夢が膨らみます。

そしてリタイヤ後にゆっくりと好きな映画を鑑賞したいと思っています。

 

いま、プロジェクターの購入をお悩みの方 絶対後悔はしないと思います。

一歩踏み出して大画面の世界にお越しください。